はじめまして。

書写と四季を感じる暮らしをテーマの”字育サポーター智さんの書写だより”にお越し下さりありがとうございます。

 

早速ですが、3年前までの私と書写との付き合いは

 

*小学生の時に習っていた習字(3年間)

*結婚後、妊娠中に習っていたペン字(1年間)

 

と浅いものでした。

 

 

そのような私が書写教室をするようになったきっかけは、

 

パステルにメッセージを加えるアート講座を始めた4年前に「書く」ことをもっと楽しんでみたい♪と年賀状や仕事のお便り等パソコンに頼っていた自分の書写力を向上させたいという思いと

 

もう28年以上前になりますが、妊娠中にペン習字(今は硬筆技能検定)の1級を取れていたので学びなおすことでこの先の仕事にも活かせるかもしれない(2015年の3月で教育関係の仕事を退職)という思い。

 

この2つから教室へ通いだしました。

 

 

鉛筆・ボールペン・万年筆・マジック・筆ペン・・・と筆記具も多種あり、同じ文字を書いても筆具によって自分にとって書きやすいもの・書きにくいものがあったり、ボールペン1本にしても物によって手にしっくりくるもの、こないものがあります。

 

公文書写の教科(かきかた・ペン習字・筆ペン・毛筆)の中で、筆ペンは3年前までは冠婚葬祭の時だけ、大筆は小6以降使っていなかった私は、筆を使っての はねや筆圧の変化等 筆使いが最初は思い通りにできず、なかなか上手く書くことができませんでした。

 

それでも公文書写の教材を全て繰り返しやることで、字が育っていくことを実感。

養成教室(公文書写の指導者になるために通う教室)へ通いながら審査を受け、最初は、かきかたとペン習字の2教科で始めた教室に、今春から筆ペンと毛筆を加えて開講できるようになりました。

 

長年されている先生方や師範をおもちの先生方に比べると書に親しんできた時は短いものですが、自分が筆使いに苦戦してきた過程を振り返りながら生徒さんの気持ちになって、どこをどうしたら美文字へ近づくかをしっかりお伝えてしていきますので、安心して通って頂きたいと思います。

 

公文書写は、各教室の先生がお手本を書くのでなくあらかじめ用意してある学校教科書に沿った書体で書かれたプリントを使って指導していくので、「教材を教える」と言うより「教材で教える」進め方をしていきます。

 

教材をしっかり見て始筆終筆の位置を確認しながら運筆に気をつけて書いていくことで必ず字は整っていくので、学習者の皆さんへわかりやすくポイントをお伝えしながら学習者の皆さんをサポートする立場として毎週の学習を楽しみにしていただけるような教室作りをしていくことが私の役割だと思っています。(もちろん指導者として自分の書写力をあげていくことも大切なことなので研鑽も欠かさずに(^_-))

 

4教科開講を機に始めるブログ、これから訪問を楽しみにして頂けるブログになるよう2月28日から投稿はじめます。

 

20年間の教育職で身につけた目配り心配りを大切にしながら、美文字へのお手伝い、全力でいたします(o^-^o)

 

 

趣味:友人達との美味しいものを食べながらのおしゃべり・雑貨・文房具・ガーデニング・インテリア・書籍等のお店めぐり・音楽を聞きながらの読書・ブラッシュライティング    

最近は17歳と半年になるおじいちゃん犬のお世話の毎日で、外出はあまり出来ませんが、余生を苦しまずに生きて欲しいとマッサージや日光浴、音楽(あまり聞こえていないようだけど)選びをしながらインドア生活を楽しんでいます。

 

 

2017年2月27日