“ペン習字” 講座の特徴

*ペン(万年筆)を使用します。

 

*基礎から実用的な要素まで盛り込まれている教材を使います。

 

*実用的な学習要素が多く含まれているので、実生活に役立ちます。

 

*ひらがなから始めて、楷書体→楷書→の漢字かな交じり文(縦書き、横書き、実用文)→連綿体→

行書体→行書の漢字かな交じり文→草書体の順に学習します。

 

*初心者の方、資格の習得をめざされている方など、目的に応じてどなたでも楽しく学習しながら

書写力がつきます。

 

ペン習字の教材は?

教材 書体 学習内容
2A 楷書 姿勢、持ち方、ひらがな
A 語句・詩歌を用いたひらがなの学習
B カタカナ、楷書の基本点画・要素別学習
C 楷書の要素別・部分別(部首別)学習
D 楷書の文章(縦書き・横書き)、実用書式
E 行書 ひらがな、連綿体(ひらがな同士の連続)
F 行書の部分別(部首別)学習
G 行書の部分別(部首別)学習、更にくずした行書
H 行書の文章(縦書き・横書き)、実用書式
I 草書 ひらがな、草書体
J 草書体、草書の文章、実用書式、散らし書き

 

2A~Jまで各100枚、計1100枚のプリントを原理原則(整った字を書くためのルール)に

気をつけながら繰り返し学習をしていきます。

 

基礎・基本から小刻みに段階を踏みながらステップアップしていくように系統的に組み立てられて

いるので、順番に学習すれば、階段を一歩ずつ上るように、誰でも無理なく書写力がつきます。
これは、学習した内容を確認・定着させながら、少しずつ、難しいと感じない範囲で新しい内容を

学習できるようになっているからです。

 

公文書写のウエブサイトでは、教材見本も見ることができます。

詳細をお知りになりたい方はクリックしてご覧下さい。